おさか菜の日記

適応障害,不安症を抜け必死に生きる限界看護学生のブログ

お気に入りの服がお気に入りでなくなるとき

大学生になって最初の年、毎朝身支度に時間をかけたくなくて、ほぼ毎日同じコーディネートをしていました。この時期はGジャンに黒のタイトデニム、白シャツ、黒スニーカー、黒リュックが定番でした。歩く日はスニーカー(NIKE)、通学だけならデッキ(CONVERSE)を履きます。シャツも、バイトで着用する黒シャツ2枚(ユニクロ)と気分を上げたいとき用(なんか照れくさい言い方だな)の白シャツ2枚(Ralph LaurenかTommy Hilfiger)をひたすら着ていました。制服みたいに。

 

そう、制服みたいに。

白と黒ばかり着て、定番のブランドを押さえておけば間違い無いという安心感。一応気に入ってはいましたね。都心のほぼ女子大に通っているわけで、華やかな同級生に囲まれ危機感を抱いては、勇気を振り絞ってルミネやマルイへ行ったものでしたが、服を見るのがひたすら苦痛で買うことはありませんでした。同じ理由でメイクも大変だったなあ…

 

あるとき、ええいままよとスッピンにパーカーで学校へ行ったら、たまたまその日に学生証の写真撮影がありました。学年が変わっても写真は変えてくれなくて、眉毛がなく顔色もあまり良くない犯罪者みたいな写りの写真のままです。あー…残念。でもまあ免許証も酷いしいいか。

 

話が逸れてしまいました。

大学生になったばかりの頃のヘビロテ服の話でしたね。このコーディネートをよく着ていた頃は、自分が女性であることに対し負の感情が渦巻いていました。男性であれば良かったと思うあれこれや、女性としての自分への劣等感を引き摺ってすごく重かった。服もメイクもとにかくしんどくて、アイテムを選ぶとき、身につけようとするとき、装っているとき、常になんだか苦しかった。だからこそ、男性的な格好が当時は居心地よかったのでありました。

 

それで今日、特に暖かかったので久しぶりにそのコーディネートをしたわけですよ。いやあ、違和感がすごかった…。今着たい服ではないとはっきりわかりました。小中高大と私服ではほとんどスカートを履かなかった私ですが、今年はやっとスカートやワンピースなど女性らしいものを着てみたいような気がしていました。そのためか今度は男性的な格好が息苦しい。不思議な感覚だったなあ…

 

花柄のワンピースとか着たいもん。

なんて、まさか自分が言うとはなあ…まあ、いつかはそうなるだろうとは思っていたけど予想より早かったな笑

一応今回もうちのブログっぽいことを言っておくと、私は金星が魚座(しかも水星とオーブ0度のコンジャンクションで8室)なので、少女のように可愛らしく儚げでゆるゆるふわふわなサムシング(?)の似合う要素があるにはあるんですよね。ASCと月も蟹座で、太陽がそもそも魚座なので女性らしい装いをしていない方がむしろちぐはぐな印象を与えるはず。

だから今回の変化は予定調和というか、やっと本来の仕様が出始めただけのことという風にも読める。

 

自己イメージはいくらでも更新すれば良いもんね。過去の延長線上に未来を置くよりも、こうしたい(なりたい)ところに向けて今を決めた方が人生楽しそうだよね。お気に入りの服がお気に入りでなくなって、これからファッションが楽しくなる予感がする。