おさか菜の日記

死にたかった頃から、楽しく生きられるようになるまで

趣味:コーヒー を語る。

飲み物が趣味って何よ、と思っていましたが、これがまたハマると楽しいんですね。私はコーヒー屋で働くまで給食のコーヒー牛乳以外飲めなかったのですが、シフトの度にまかないで飲んだり、社内試験に向けて勉強を始めたことでコーヒーが楽しくなっていきました。ダーリンもまたコーヒー好きなのが趣味として楽しむきっかけになるわけです。

 

 

ダーリンと色んなカフェや珈琲豆屋さんを巡った中で一番気に入ったのがリメナスのラテ。

私の理想のラテをずどどんと体現したこれぞ王道という感じのラテ。ミルクのコクや焙煎具合など色んなバリエーションを体験しても、最終的に一番オーソドックスな深煎りでナッツやミルクチョコレート系の豆が優勝します。あのラテもこのラテも良かったけど豆を買うほどではない…と思っていたところに突如君臨したエスプレッソブレンド。 私の中のラテは、リメナスか、リメナス以外かに分けられることとなりました。

またリメナスはご店主がいろいろ教えてくれるのが良くて気に入ってもいます。例えば、同じ豆同じ淹れ方のコーヒーも、マグカップを変えると口にしたときの味の印象が違うと教えていただきました。試させていただいてびっくり。あの2種類のマグ、やっぱり今度行ったとき買おう。

他にも、一度抽出し終えた豆に再びお湯を注いで淹れる(つまり2番を出す)という楽しみ方を教えていただきました。緑茶ならまだしも、コーヒー粉なら普通捨てちゃいますよね。それが、リメナスの豆を使うと2番も美味しいんです。1杯目よりコーヒー感が抑えられて香りが優位になり、紅茶みたいになります。もう一度言います。紅茶みたいになります!!私はむしろこっちの方が好き笑

ダーリンはドリップ好きなので、尚更豆の種類やご店主の知識の豊富なリメナスが楽しいのだと思います。そんな我々の間で密かについたご店主のあだ名は“師匠”。リメナスの話をするときはいつも、「師匠の豆が〜」「師匠のところで〜」となるわけです。最近はダーリンに買ってきてもらうか通販かで飲んでいたので、久しぶりに師匠に淹れてもらって飲みたいな。カヌレやプリンも頼んで、コーヒーゼリー(カップでなく袋に入っているお洒落な一品)も買って帰ろう。

f:id:osakana107:20210330181151j:image

 

 

私はラテ推しなので別枠ですが、ダーリンは森谷珈琲工房というお店(完全に豆屋)も好きらしく、何度か行きました。メロンのフレーバーのコーヒーと出会ったお店です。本当にメロンでびっくりしました。試飲でいただいて、思わず「メロンだ( ͡° ͜ʖ ͡°)」と真顔で驚嘆。ここのご店主もいろいろ教えてくださり、またアイテムも増えました。水出し用の抽出器具やドリッパー、焼物の石(炊飯器ややかんにいれて浄水してくれるらしい)など。森谷珈琲工房は果物系のフレーバーが豊富で楽しいお店です。水出しをアイスで飲むのに良いので、夏になったらまた通いたいな。

 

 

さて私の好きなラテにもどります。

おうちで飲むときは、エスプレッソマシンはボンマックbme-100を使っています(上の写真の赤いやつ)。デロンギほどお洒落ではありませんが、ミルクのスチームが綺麗にできるので満足しています。家庭用エスプレッソマシンをよく1万円で作ってくれたよなとさえ思います。一台目ならボンマック一択ですね。

将来的にはアスカソのDREAMが欲しいです。DREAMを買うなら、エスプレッソ専用(極細挽対応)でポルターフィルターに直接粉を落としてくれるグラインダーも揃えたいところですが、両方だと20万超えちゃうのでしばらく保留です。

エスプレッソはラテにする以外に、バニラアイスにかけるのが激うまです。アフォガードって言うらしいですね。ハーゲンダッツバニラ×リメナスのエスプレッソブレンドは高級デザート。他のバニラアイスも味は美味しいんですけど、さらさらとすぐにとけちゃったり、エスプレッソに負けちゃったりします。

 

 

行ったお店で一番有名なのはブルーボトルコーヒーでしょうか。好みかはさておき、確かに印象的ではありました。豆を選べるところが楽しかった思い出。エスプレッソなら深煎りという私の固定観念を打ち砕いた、浅煎り(エチオピアだったかな…)のカプチーノが衝撃的でした。アイスのラテならまだしも、あのもっこもこのあったかカプチーノにジューシーな酸味をもってくるなんて信じられない。でも美味しい。

ちなみに、毎回カプチーノを注文しますが、ブルーボトルのミルクの泡のきめ細かさは頭ひとつ飛び抜けていると思います。もこもこを通り越してとろとろです。きめ細か〜くスチームすると絹みたいになるんですね。泡多めのカプチーノを「ドライ」と表現することがありますが、私には“乾いた”感じではなく、霧など本来乾いているものが“湿った”様に感じられました。液ミルクとフォームミルクの境がわからない、奇跡のようなカプチーノでした。

f:id:osakana107:20210330181351j:image
f:id:osakana107:20210330181347j:image

 

 

意外だったのは、クリスピークリーム(ドーナツ屋)のラテもすごく美味しかったこと。美味しいというか、好み。ドーナツに合わせてなのかミルクがこっくりめ(コクがあると言いたい)なところが高得点。アイスにして氷を溶かしながら飲んでいくのがまたよい。アプリ会員だと、お誕生月なら何度でも15%引してくれるみたいです。せっかくなので使ってみました。今更ですが、ラテだけ飲むなら100円引の方が値引きが大きかったし、オリジナルグレーズドおひとつプレゼントなら160円分だったのね…まあ、好きなお店に祝われたことが嬉しいのでよしとします。 

f:id:osakana107:20210329140047j:image

f:id:osakana107:20210330181504j:image

ここはドーナツも美味しいです。もちろん。ミスドのように100円セールは無いのですが、やたらクーポンをくれるので、つい立ち寄ってしまいます。

f:id:osakana107:20210330181518j:image
f:id:osakana107:20210330181522j:image

 

 

ダーリンとよくドライブしていたときはよくコンビニのラテを飲んでいましたね。セブンが一番美味しいです。ミルクのコクが抜群です。アイスはもちろん、ホットもセブンが優勝なのですが、長距離ドライブのときはローソンのメガが大きくて助かりました。あとは、ファミマはミルクがもっっこもこなので何を飲んでもご機嫌になれますヽ(´▽`)/  ほうじ茶とかキャラメルラテとか、甘くしてデザート感覚で飲みたくなっちゃいます。

 

 

インスタントコーヒーは基本は選択肢に挙がりませんが、ポーションタイプは夏場重宝します。手が汚れないし混ぜもせず一瞬で完成するからです。粉よりちょっと高いですが、そもそも利便性を求めてインスタントを選んでいるので納得のお値段。コーヒーの他にも紅茶,ほうじ茶,抹茶,ココアがあるみたいです。ホットなら茶葉や豆からお湯で抽出しても良いのですが、アイスだと氷も入れて牛乳が薄まり過ぎてしまいます。それが無いのがとても有難いのです。

 

 

 

この記事今までで一番長いな(゚∀゚)

まさかのブログのメインテーマとは関係のない記事がこの長さになるとは…( ˘ω˘ )

ここまで読んでくださった方、ありがとうございます。

お気に入りの服がお気に入りでなくなるとき

大学生になって最初の年、毎朝身支度に時間をかけたくなくて、ほぼ毎日同じコーディネートをしていました。この時期はGジャンに黒のタイトデニム、白シャツ、黒スニーカー、黒リュックが定番でした。歩く日はスニーカー(NIKE)、通学だけならデッキ(CONVERSE)を履きます。シャツも、バイトで着用する黒シャツ2枚(ユニクロ)と気分を上げたいとき用(なんか照れくさい言い方だな)の白シャツ2枚(Ralph LaurenかTommy Hilfiger)をひたすら着ていました。制服みたいに。

 

そう、制服みたいに。

白と黒ばかり着て、定番のブランドを押さえておけば間違い無いという安心感。一応気に入ってはいましたね。都心のほぼ女子大に通っているわけで、華やかな同級生に囲まれ危機感を抱いては、勇気を振り絞ってルミネやマルイへ行ったものでしたが、服を見るのがひたすら苦痛で買うことはありませんでした。同じ理由でメイクも大変だったなあ…

 

あるとき、ええいままよとスッピンにパーカーで学校へ行ったら、たまたまその日に学生証の写真撮影がありました。学年が変わっても写真は変えてくれなくて、眉毛がなく顔色もあまり良くない犯罪者みたいな写りの写真のままです。あー…残念。でもまあ免許証も酷いしいいか。

 

話が逸れてしまいました。

大学生になったばかりの頃のヘビロテ服の話でしたね。このコーディネートをよく着ていた頃は、自分が女性であることに対し負の感情が渦巻いていました。男性であれば良かったと思うあれこれや、女性としての自分への劣等感を引き摺ってすごく重かった。服もメイクもとにかくしんどくて、アイテムを選ぶとき、身につけようとするとき、装っているとき、常になんだか苦しかった。だからこそ、男性的な格好が当時は居心地よかったのでありました。

 

それで今日、特に暖かかったので久しぶりにそのコーディネートをしたわけですよ。いやあ、違和感がすごかった…。今着たい服ではないとはっきりわかりました。小中高大と私服ではほとんどスカートを履かなかった私ですが、今年はやっとスカートやワンピースなど女性らしいものを着てみたいような気がしていました。そのためか今度は男性的な格好が息苦しい。不思議な感覚だったなあ…

 

花柄のワンピースとか着たいもん。

なんて、まさか自分が言うとはなあ…まあ、いつかはそうなるだろうとは思っていたけど予想より早かったな笑

一応今回もうちのブログっぽいことを言っておくと、私は金星が魚座(しかも水星とオーブ0度のコンジャンクションで8室)なので、少女のように可愛らしく儚げでゆるゆるふわふわなサムシング(?)の似合う要素があるにはあるんですよね。ASCと月も蟹座で、太陽がそもそも魚座なので女性らしい装いをしていない方がむしろちぐはぐな印象を与えるはず。

だから今回の変化は予定調和というか、やっと本来の仕様が出始めただけのことという風にも読める。

 

自己イメージはいくらでも更新すれば良いもんね。過去の延長線上に未来を置くよりも、こうしたい(なりたい)ところに向けて今を決めた方が人生楽しそうだよね。お気に入りの服がお気に入りでなくなって、これからファッションが楽しくなる予感がする。

着物に慣れて思うこと

今日は暖かかったので、着物で外出しても大丈夫。

フラペチーノだって飲めちゃう!笑

…すみません、回し者みたいになってますが違います。

濃く重めな記事を執筆中なので、先に別の記事を仕上げます。

ITパスポート試験まで2週間ないけど書きます。

飲みきってこれ(この記事)仕上げたら過去問解くから許して自分( ˘ω˘ )

 

f:id:osakana107:20210324225803j:image

 

さて、今日のテーマは「着物に慣れて思うこと」。

もっと綺麗に着付けようと思ったらまだまだですし、毎日着ているわけでもないのですが、着物暮らしの最初のステップは踏めていると思うので、この段階で見えているものをお話ししますね。

 

着物でいて一番変わるのは姿勢です。

骨盤が立って坐骨で座るようになります。

洋服だと後傾して仙骨ぐらいまでつけちゃうこともあるのですが、着物だとそうはなりません。

着始めの頃は背筋を伸ばし続けることが苦しく感じられたものですが、猫背で背もたれに寄り掛かっているのだって疲れると気づいてからは気にならなくなりました。

むしろ帯がコルセットになるから座っている分には着物の方が楽かもな…

パジャマでゲームしてると背中も腰もバッキバキになるもんな。

 

あとは、着物だと肩を開いて下げます。

襟開いちゃうし、衣紋(うなじの隙間)詰まってきちゃうから。

脱いだあと凝った感じになることがありますが、むしろ普段が巻き肩気味で肩も上がってしまっているというだけで、良い矯正になっていると思います。

 

呼吸も腹式になっているかな。

帯をしていても、胸郭を広げるより腹膨らました方がたくさん吸えるんですよね。

胸郭を膨らませるにも、肋骨(10〜12あたり)には襦袢(着物の下に着る同じ形のやつ)の紐がかかってて可動域があんまりない。

この紐は襦袢の襟&衣紋という、着姿の美しさに直結する重要なパーツを押さえているので、緩めるわけにもいかない。

 

肩下げて坐骨で座って背筋伸ばして腹式呼吸

吹奏楽やってたときと同じ姿勢じゃないか。

私はホルンで側弯症になったけど良い思い出(゚∀゚)

 

 

 

…で、いつもならここで終わるんだけど

今日はここからが本題です。

私だから書けると自負しているモノを書いていきますようふふ(゚∀゚)

前半の内容は“着慣れた身体の変化”でしたが、後半はそう、“心の変化”。いきます。

 

f:id:osakana107:20210318022240j:image

こちら魚を買いに行ったときの格好。

どうしても青が着たかったんだけど、単はやっぱりまだ寒かった。

波っぽい青の半幅帯に洋服用のベルト。貝の口。

さらに飛び魚のピアス(自作)に灯台の綿バッグでうきうきしていた。

そして、魚屋に着いたときの店内BGMは、YOASOBIの「群青」だった。

 

 感じたままに描く

自分で選んだその色で

眠い空気纏う朝に

訪れた青い世界

好きなものを好きだと言う

怖くて仕方ないけど

本当の自分

出会えた気がしたんだ

 

YOASOBI 群青 歌詞 - 歌ネット

私は着物での外出を重ねる度に、街を歩いていても人目を気にしなくなった。

コーディネートが変とか、着崩れがどうとか、自分が納得いくまでは追及するけれど、人にどう見られるか気にして怯えることはなくなった。

身体が着物に馴染んでできた体の軸は、心の軸にもなった。

私が好きだからそうしている。それでいい。

好きなものを好きと表現することへの抵抗感が薄まっていった。

だから、単純に楽しい٩( ᐛ )و

 

 

 

そう言えばブログを始めてひと月経つけれど、こんなに書くことがあるとは思っていなかった。

好きなこと、時間をかけてきたことを形にして表現する。私の構成物を外に並べてみる。なんだ、日記より面白いじゃん(゚∀゚)

不安や焦燥感、劣等感でいっぱいのかつての私にお披露目したいな。あんたは大丈夫って。

 

何枚でも ほら何枚でも

自信がないから描いてきたんだよ

何回でも ほら何回でも

積み上げてきたことが武器になる

周りを見たって 誰と比べたって

僕にしかできないことはなんだ

今でも自信なんかない それでも

 

感じたことない気持ち

知らずにいた想い

あの日踏み出して

初めて感じたこの痛みも全部

好きなものと向き合うことで

触れたまだ小さな光

大丈夫、行こう、あとは楽しむだけだ

 

YOASOBI 群青 歌詞 - 歌ネット

 

 積み上げてきたものが武器(ネタ)になる( ͡° ͜ʖ ͡°)

 

 

 

占いとの距離感

 「占いが好き!」

と大声では言えない。

 

何についてもそうなんだろうけども、

占いに対するイメージが色々であるように、

占いとの関わり方も色々で

相手が私にどんな印象を受けるか計算してからじゃないと、言えない( ˘ω˘ )

 

だからここで小さな声で言います。

占いすき!

 

f:id:osakana107:20210324210506j:image

私が占いにハマったのは高校生のときでした。

部活を辞め時間ができると毎日のように図書館に通い、占い関連の本を読む日々

西洋占星術とタロットについて読み漁りました。

自分に該当する項目を読んでは、確かに〜とか、そうかなあ?とか、色々思って楽しんでいました。

しかし、最も強く惹かれたのは星占いの“前提”。

すなわち、天体の配置と人の営みが一致するということ。

 

天体があらゆる“物事やその側面”を指し、

星座の神話がそれらの“性質”の象徴であり、

配置がそれらの“役割や連動”の象徴であるとみなして、解釈する(=星を読む)。

解釈は一通りではなく、読み手の人生観の豊かさが問われる。

私にとっての占いは、

暦や天文学と人の営みとの交点。

必然を感じさせてくれる神秘的なもの

本来主観的なテーマに“客観性”をもたらしてくれるツール。

 

だから、あなたはこういう人ですよね!とか他人に言われるのはちょっとちがう。

他人の人生に興味は無いし、自分の人生に色々言われんのも嫌だし、

いついつ結婚しますよ!2人の相性は〇〇です!とかも馴染まない。

 

人の視る世界は本人の認識次第で如何様にも変わるし、それは自己イメージもそう。

今ここから好きに構築していっていい。

今までの自分を解釈する(言い訳する)ためじゃなくて、これからの自分を使い切るためのヒントにしたい。

あくまで選ぶのは私。

 

…だと思ってるけど私が精神ズタボロで学生生活お休みしてた時期って、

私の心や幼い頃からの癖、安心感など(月)に、

破壊と再生の星(冥王星)が

生活やルーティンワーク、勤労(職業訓練)をなす場(6室)から

メンチ切ってた(オポジションだった)ところを見ると、なるようにしかならないのかしらん(´∀`)とも思う。

 

大学受験のときも、センター試験があまりに不出来で慌てて併願校を増やしたら、受験番号と面接時の部屋番号が縁のある(と私が感じられる)数字で、

「あ〜これはこっちに行くんだな」

と最初になんとなく思って、

なんやかんやあって結局そこに入学したもんな。

あんなに物理学科行きたがってたのに、急に看護学科行くなんて言い出して、本人もびっくりよ( ˘ω˘ )

入学してみたら、もともと第一志望だった大学とルーツが同じ(そう言えば名前も一字違い笑)だと知ってびっくりした。

だけどまあそんなもんよ( ˘ω˘ )

→何が言いたいかって、理論やモノ(カードや御神籤)がなくたって、感覚的に啓示を受けることは可能ということ。

 

 

占いとは、つかず離れずでいこうかな。

自己内面の探求に耐える心身

さて、きる瞑想の続き。

前回記事はこちら

osakana77.hatenablog.com

 

ひとことで言えば、身体感覚や運動に集中すれば気を紛らわせ、気分転換になるよねという話。

とは言え私はかつて抑うつ気分のために日常生活すらままならなかったことがある。

程度の問題としてしまえばそれまでだが、当時を振り返って話を広げてみることにする。

 

 

気分転換。

つまり、マイナスからプラスへ、悲しみから楽しみまで180°転換することはできなくても、ゼロくらいになら戻れたか?

感情の波をフラットにすることならできたか?

→できない

というより、したくなかったのではなかろうか。

絶望していたかったから絶望していた面もある。

精神的にマゾだったと言える。

勝手に浮かんでくるから悲しくなるのか、悲しみたくて空想するのか…どちらもあった。

気分転換どころか、余計悲しくなるようなものを積極的に摂取していた。

 

f:id:osakana107:20210320133725j:image

 

私の心に何が起きていたのか?

矛盾する願望や苦痛があって、何かに何処かが引っ掛かると芋づる式に全部出てきちゃう。出したくなっちゃう。そんな感じだろうか。

きっかけは外部にあるんだけど、周辺に掘り下げちゃうのは私自身の心。

きっかけは誰かの言動であることもあれば、単に自分のコンディションだったりする。寒いとかね(寒いと不安になるのは今でもそう)。

 

 

意図的にそうしていたか?

そうだと思う。

何故そうしていたかというと、トラウマというか、心の傷?を抉って引き摺り出すことで分析したかったから。言わば趣味_:(´ཀ`」 ∠):

何か強烈な負の感情と出会ったら、自分の内の何がそんなに共鳴するのか探らずにいられない。

もっと深いところの歪みをすくいあげないと気が済まない。

他者への嫌悪や怒りは、自分の内にある古傷が疼くから。他者は鏡。見えているのは自分の心。

それなら根治させるまで…と、後ろ向きで消極的に見えても、動機は向上心や探究心なのよね。

 

よく生きようとするから苦しい。

 

現実適応に苦労したのは対症療法を知らなかった(やろうとしなかった)からだろうな。

せめて保留にする余裕があれば良かったんだろうね。衝動的で冷静さに欠けていた。(若気の至りってやつだな?笑)

 

 

 

f:id:osakana107:20210319164023j:image

 

 

今はバランス感覚が養われたと思う。

“日常生活に支障のない程度”の苦悩で収まるように、探求も休み休みにしている。

・マイナス値をとるにしても、着るなり切るなりの、気分転換可能な範囲にするとか

・考え事をするときは、お気に入りのカフェにわざわざ出向いて時間と場所を区切るとか

・撃沈しても3日は心置きなく眠れる日にするとか

・風呂入って試供品の高級美容液を使う(←おすすめ)

…なり何なりすれば、安らかに眠れる(死なない)。

寒さや空腹感、頭皮の搔痒感、姿勢の悪さ、服の着心地なんかは、最初に振り返ると良いよね。

感情の他にも気分に影響を与えるものって意外と多いみたいね。

気づきにくいけれども、気づけば物質的に対処しやすいところだから最初に潰すべきよ(過激派)。

 

 

加えて、そもそも別の見方を獲得した。

“相手”の想いは相手のもので、どう表現するか(しないか)は相手の自由だ。というもの。

そして、その受け取り方(受け取るかどうか)はこちらに選択の余地がある。

この視点があるだけで幾分ましにはなった。

なんでも受け取る癖(しかも悪いものほど)があったから、はね返したり受け流したりするには練習が必要だけども、毒みたいに遅効性で蝕まれるようなことは減ったよ。

それに、相手は相手のささくれ故にそういうトゲのある言い方(表現)しかできないのだとしたら?

「お大事に。」と心で思って素通りすれば良くて、なにも刺さりにいくことはないわよね。

 

 

現実生活とのバランスを保つこと、

自己と他者をいつでも混同しないこと。

「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。」

誰が言ったか知らんけど笑、自己ダンジョンに潜るなら、最低限の武装はしていきたいものよね。

 

 

そう言えば、モンハンにしろペルソナにしろ、

「あれ?負け続けるぞ?武器はこんなに強いのに…」

ってなるとき、防具が弱いか回復アイテムの使い方が下手かじゃないの。

あらやだ( ´_ゝ`)

着る瞑想 切る瞑想

着物を着るのに、さっと着ても15分はかかる(お太鼓だとさらに10分)。

その間 姿見と手の感覚に集中し、帯を締める際には呼吸もコントロールする。

自動的に布を身体に纏わせていくうちに、浮かんでは消えていく雑念が取り払われていく。

着付けは瞑想だ。

f:id:osakana107:20210318104623j:image
f:id:osakana107:20210318105143j:image

 

 

南蛮漬けが好き。

食べるのももちろん好きだが、作る手間も嫌いじゃない。

人参玉ねぎピーマンをひたすたら刻んでいく

酢と醤油、出汁、砂糖を火にかける

魚。アジかサバをいい感じの大きさにしたら、小麦粉をつけて揚げ焼きみたいにする

刃物を扱うのって結構緊張する。

普段は目で見て着るけれど、魚のときは包丁まで手先の神経が通っているように思って挑む。

力加減や刃を当てる角度がいつもより繊細になる。

切る瞑想。

f:id:osakana107:20210318104658j:image
f:id:osakana107:20210318104654j:image

 

 

ゆううつで元気がなかった頃には気づかなかったけど、スポーツでなくても身体を使うといい気分転換になる。

慣れた動作を黙々とこなすことで、一旦落ち着く。

それが楽しければ勝手に楽しくなっていける。

料理なり裁縫なり、手を動かすことがもっと必要だったのかも知れない。

あまり頭を使わなくてよくて、身体感覚や運動に集中できる(できれば熱中できる)何かが。

そしたらあそこまでしんどくなりはしなかったかも知れない。

…いや、無理だろうな。

あのときは、わかっていてもそうしなかった。

 

→話がそれて長くなったので持ち越します。

着物でお出かけ ~ひとりでお茶~

先日誕生日だったので、友人からドリンクチケットが送られてきました。

当日急に誘っては速攻で支度して出かける。そんなフットワーク激軽の友人。異国の話もよく聞かせてくれます。

そんな彼からの贈り物なので、もらった当日に使うことにしました。

金券として“モノ”寄りで受け取るのでなくて、体験として昇華したかった(良いブログネタをありがとう笑)。

丁度落ち着いて考え事をしたい日だったので有難い。

f:id:osakana107:20210317215607j:image

着物外出の経験値アップにも貢献。

 

f:id:osakana107:20210316194200j:image

私が元店員ということもあり、某コーヒー屋贔屓ですがお許しください。

(詳しくはこちらの記事で)

osakana77.hatenablog.com

 

 

 

さて、今回は1人での着物外出。

さらに駅までの往復でそれなりに歩きます。

やや心配ではありましたが、今回も目立った着崩れなく帰ってくることができました。

道行を着ていたからか、リュックでもお太鼓は無事。

裾がやや開いてきちゃうのが課題かな

長く歩いたからこそ、着物での歩き方が洗練された感じがします。しっかり疲れたけれど、どこも痛くなっていない。

f:id:osakana107:20210317005410j:image

f:id:osakana107:20210317005413j:image

こう見ると、前回のIKEAよりずっと長時間長距離歩いている様子。

活動限界延びたな…?よっしゃあ( ᐛ )و 

IKEAへ行った記録はこちら

osakana77.hatenablog.com